何をもとめて職探し?

仕事をさがすということはやっぱり、働いてお金をもらってそしてそれで、生活したり、遊んだり、デートしたり、たくさんいろんなことをするためだよね。
僕ももちろんそうだったし、いまもそれが間違いだとは思っていない。むしろそれが一番正しいのかも。
けど最近よく思うようになってきたのは、仕事を探すということは、自分の人生を探す、そして作りだしていくということだということ。
そんな風に書くと、なんかむずがゆくなってくるかもしれないけれど、実際にそう感じるんだ。

 

働くということは、お金を稼ぐこと、それで間違いはないんだけど、働いている時間、その時間そのものはやっぱり自分自身の人生そのものなわけで、生活の大半が働く時間に充てられるのだから、もうその働いている時間そのものが人生だと言ってもいいと思う。
だから僕はお金のためというのは少し横に置いておいて、今はその時間働くために働いていると思いながら働いている。
これが自分の人生なんだと。

 

だからこれから職を探す人たちは、サイトを眺め、検索する中で、お金や条件ばかりではない、自分の人生の設計図を探す、もしくは描くつもりでいてほしいと思う。
それが本当の意味での仕事探しなんじゃないかな。

求める求人を明確に-初めての転職は求人サイトから!関連ページ

求人サイトからの連絡